絶対に笑ってはいけないMARS

※この記事は劇場版「MARS」の核心的なネタバレを含みます。

私個人としてはネタバレ気にされない人でも

鑑賞予定のあれば読むのはおすすめしません。

 

 

 

 

 

映画「MARS」公開おめでとうございます。

藤ヶ谷くんの主演映画としては「仮面ティーチャー」に続いて2作目ですね。

仮面ティーチャーは『絶対に笑ってはいけない仮面ティーチャー』状態だったので

次に藤ヶ谷くんが主演映画できることがあれば笑ってはいけないシリーズ化は

避けたいなと思っていたんですが、まぁ

同じ土曜深夜日テレジャニーズドラマ枠な時点で無理だよね!!!!!

ちょっともう見てて私の中の「ツッコミたい」欲が抑えきれなかった。

見ている途中から「お願いだからつっこませて????」ってなった。

MARS応援上映がないことを嘆きます。

ツラツラつっこみたいと思いますが冒頭の通りめちゃくちゃなネタバレですので

ご注意ください!

 

 

・零(藤ヶ谷くん)の横顔から映画が始まる。

とにかく顔が可愛い~~~!!ってなる。

 

・なぜクリスマス前が設定の話を6月公開にしようと思ったのだろう。

零の部屋のハロゲンヒーターを見ただけで「季節感!!!!」って叫びたくなった。

 

・はるみ(山崎絋菜ちゃん)が昔零が好きで1回ヤり捨てられてるのに

「零とまだしてなくて気まずいんだよね…」って相談するキラ(飯豊まりえちゃん)

ってだいぶ無神経だよね

 

・はるみも「零とキラなら大丈夫だよ~!」とかアドバイスしちゃう。

鉄のメンタルかよ。

 

・はるみが少女漫画によくいる「主人公の親友」ポジションを全うしすぎてて

ほんと早くタツヤ(稲葉友くん)と幸せになって欲しい。

 

・零の工事現場バイトの休憩時間にピンポイントに現れるキラ。

恐らく予知能力がある。

 

・タツヤ「俺と付き合う?あの2人が付き合ってて俺たちだけ友達ってなんか変じゃん。」

はるみ「そんなついでみたいな言い方しないで。タツヤ最低。」

ええ~~~~!!付き合っちゃえよ~~~~~!!!

早くはるみを幸せにしてくれ~~~~~~~~~~~~!!!!

 

・遠くから聞こえたキラの悲鳴を頼りに現場にかけつける零

仲間の超音波を聞き分けるコウモリかよ。

 

・牧生(窪田くん)と探偵事務所の人が怪しげな喫茶店で

話すシーンで、探偵の人の食べてるパフェがやたら豪華。

なんだあれ絶対笑わせようとしてるだろ!!!!

 

・恋人とギクシャクして落ち込んでいるときにみなとみらい(超絶デートスポット)に

一人でふらふら来る零。ドMなの?

 

・そのくせカップルをみて「いいよなぁ~~」的なセリフを垂れる。

みなとみらいなんか来るからそうなるんや。

 

・はるみ(1回ヤり捨てた女)に

「散々女遊びしてきた俺にキラのそばにいる資格なんてない」とか

弱音を吐く零。だめだこっちも無神経だ。

 

・はるみも「そんなの昔の話じゃん!」とか言っちゃう。聖母なの?

 

・ドラマ版を見ていない人にとにかく優しくない。

いきなり回想シーンで「零の弟の自殺が~~」って話がでてきて

零とキラじゃない女がチュッチュしてる映像を見せられる。

私がドラマ見ずに映画見た人なら確実に「弟とあの女はなんだったの?」って言う。

 

・今更いうことでもないけど中学時代の回想シーンを藤ヶ谷くん本人にやらせたのは

さすがに無理がある。

 

・白いコートに白いニットで砂浜に座るキラ。強い。

 

・零とキラが海岸で「砂のお城を作ろう!」って言うんだけど

完成したお城が超ハイクオリティ。

零「何かをこんなに真剣に作ったの初めてだよ~」とか言っちゃう。

ウソをつくでない。初めてでそんなにクオリティの高い城が作れてたまるか。

 

・零「(反省文)ちゃんと書いたか?」

キラ「まぁまぁ書いたよ」

零「あんなもん適当でいいんだよ」

どっちだよ。

 

・あの美術部に部員はキラと牧生しかいないのかな。

 

・場面転換で校舎の引きの画が写るシーンが何度かあるんだけど、

私が見る限り2回同じ画使ってる。デジャブ。

 

・壮大な音楽と共に地平線から全力でダッシュする零が現れる。*1

しかも長回し。やめて~~!!

 

・倒れる牧生、刺そうとする零、それを止めるキラが3人折り重なるシーンが

あまりにもキレイに重なるもんだから

ブレーメンの音楽隊かトーテムポールかなってなった。

窪田くんも舞台挨拶で「(演じてる時)薄目で見てた。」って言ってた。

やっぱり面白いよね、あれ。

 

・ベッドシーンはなんかもう名前のつけがたい感情で見てるよ。

 

・藤ヶ谷くんの甘いセリフの発話が生々しすぎて何度聞いても臓器が震える。

 

・零とキラの間の問題も、牧生の問題も解決して

このままハッピーエンドなんだろうなーって思ったところで

零が牧生に刺される。

もうね!!!!「はぁ~~~~~~~!!?!?!?!?!?」だよ!!!!!

スクールデイズかよ!!!!!!!*2

 

・そしてここで冒頭の可愛い横顔が刺されたときの顔だと分かる。

えっ、私血を吹き出してる零の顔に対して「かわいい~~!!」って

思ってたの?辛い。

 

・ぽかーーーんしてしているうちに場面転換。

クリスマスツリーの前に一人でいるキラ、2人で歩いてくるはるみとタツヤ

やったー!!!はるみとタツヤくっついたーーー!!

 

はるみ「同じ大学受からないと付き合ってあげないからね!」

えええええ〜〜!!!!

付き合っちゃえよ!!!早くはるみは幸せになれ!!!!!

って思っていたら零が現れる。

ええ~~~!!!早くね!?!?www

刺されるシーンから生きてることがわかるシーンまで体感約5分。

しかもクリスマスマートの装飾のせいで背中に星を背負って現れる零。

星になったと思った奴が星を背負って復活してきた。

そのままハッピーエンドでよかったねとは思うんだけど、

零が刺されるシーン、いる?ww

 

・藤ヶ谷くんは自分が星を背負ってることに試写で気づいたらしい。

「星を背負っていると知ってたらもっと星背負っている感出したのに・・・」

だそうです。できるもんならやってみろ!!

 

 

・・・ふぅ。これですっきりした。

粗ばっかりつついちゃったけど決して嫌いでないのですよ・・・!

キラが零にトラウマを打ち明けるシーンの掛け合いとか

カメラワークとか素晴らしいよ!

窪田くんの気持ち悪い牧生の演技が鳥肌立つよ!!

さぁみんなも劇場にいってMARSを見よう!!!!!

説得力が仕事をしない!!!!!!

 

おしまい

*1:藤ヶ谷くんは走り方が変なことに定評がある。なんか胸の大きい女子みたいな走り方するよね…。

*2:多数の女の子と関係を持ったクズ高校生が最終回で女の子の一人に刺されて死ぬ「主人公が嫌いなアニメ」として定評のあるアニメ