ジャーニーの思い出~大阪編~

■大阪

大阪初日はみほさん(北山担)と連番でした!

みほさんも私も都内に住んでるんですけど、

むしろお互いの家まで徒歩10分とかなんですけど

まさかの待ち合わせが難波。

似た地名が都内にあるの?とかじゃなくて大阪の難波。

最寄り駅も一緒なのに最寄りで待ち合わせしない。東京駅とかですらない。

あの…ほら…お互いの交通網とか宿とか諸々あったんだよ…

お昼どうしよっかー?ってウロウロしたんですけど

「ここは?」

「ビール飲めない。(※金曜の昼)」

「だよね。(※金曜の昼)」

って感じでちょっと時間食いつつも無事おいしい串揚げ屋さんにたどり着きました。

ふたりとも現役女子大生なんですけどね。おっさんかよ。

京セラは何回か行ったことあるので会場周辺で特別困ることはなかったんだけど、

座席の前の部分に何か棒状の物がさせる筒(?)みたいなのがついてる席に

初めてなって、二人して

「なにこれ!!うちわの柄挿せるじゃん!!超便利!!」って

キャッキャしてたんですけどよく考えたらあれ、傘立てだわ。すいませんでした。

そして公演後に京セラ出てすぐに

「お疲れ様~!またね~!!」って解散しました。

まさかの現地集合現地解散。

誤解のないようにいうとみほさんとわたしは至って温厚な関係です。

いつもこんな感じです。

ほら…お互い藤北担だから関係性もそんな感じなんだよ…☆

 

そして私は大阪に行く度にお世話になるゆきさん(桐山担)の家へ。

家につくとゆきさんは共通の友達のわたなべちゃん(丈一郎担)と電話してて

まぁそれもいつものことなんで大して気にしてなかったんだけど。

ゆき「なぁ、今日『◯◯らへんの席に入ってた?』ってわたなべが。」

私「え、そうだけどなんで知ってんの?ww実は近くにいたとか?ww」

ゆき「や、全然ちゃう席やけど『目の前に他のメンバーいるのにキモいほど微動だにしない見慣れた太輔うちわがあったからつぶちゃんやろ』って」

TSU・RA・I☆

 

んで二日目。急遽譲っていただいたチケで行くことにしたので

ぼっちだったから良かったんですけど起きたらどうも頭が痛い…。

布団でグズグズしてるうちにゆきさんは出勤。

(※あんつぶは人んちに泊まって家主より遅くに家を出るクソ野郎だよ!)

なんとか家は出たけどやっぱり頭痛い…そして常備薬も持ってくるの忘れた…

夏で暑かったので熱中症かな…とふらふらしながらも電車乗って

Twitterにそれを書き込んだらお友達がみんな優しくて

大正駅横にマツキヨあるよ!って教えてくれたり(泣)

まいちーがわざわざ冷えピタ持ってきてくれたり(泣)

あいぴが鎮痛剤分けてくれたり(泣)したんでなんとか

ごまかしごまかし一日過ごせました。ありがたや。

けどこれ後で…っていうかむしろ最近わかったんですけど

原因熱中症じゃない。双眼鏡の見過ぎによる眼精疲労&肩こり。

クソ野郎すぎる。人に迷惑かけてまでアイドル応援するべからず。

遅くなりましたがあのときはみなさんありがとうございました(深々)

 

そんなこんなで無事公演も見届けたので東京に帰ろう!と

大正駅のホームに立ったら仕事終えたゆきさんからLINE

コテうちに忘れてるで。

 

 

もう自分で自分が嫌になりましたね。

優しいゆきさんが最寄り駅まで持ってきてくれました。

何度も言うけどゆきさん仕事終わり。イケメン。優しい。結婚して。

なんでそんな人の優しさに漬け込んでまでその日のうちに

コテ受け取りたかったかっていうと、

次の日KAT-TUNの横アリだったんですよ。どこまでクソなんだ。

なんならぶっちゃけ当たればキスブサの番協(日曜明朝)も行こうとしてた。

「出る奴らにできるスケジュールなら私にも出来る!!」ってやろうとしてた。

クレイジー。そもそも人様に迷惑かけるレベルで

体調崩す時点でスケジュールこなせてないからな!!

外れたのは事務所からの「もういい…休め…」っていうありがたいお言葉だと思う。

一晩寝たら頭痛もすっきりでした。だって肩こりだもん。

とりあえずコンサートはしごキツイからもうキスマイ現場と

KAT-TUN現場日程被せないで欲しい。DDババアからのお願いだ!!